タダシップは海外通販でお得&手軽にゲット

海外通販でタダシップを買おうタダシップは3大ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品で、長時間の持続性が特徴。
服用から24時間~最大36時間、有効成分が作用します。

同じ効果が期待できるシアリスの約3分の1の価格で購入でき、大変人気な医薬品です。

日本では販売されていないタダシップは、海外通販で購入できます。
海外通販と聞くと「外国語がわからないとやり取りできないのでは?」「手続きが難しそう」などとハードルが高く感じられるかもしれません。

でも大丈夫。
海外通販代行サイトを使えば、通常の通販のようにネットで注文して自宅で待つだけ。
病院に行って処方せんをもらう手間もなく、手軽にタダシップを手に入れることができます。

この記事ではタダシップの特徴、海外通販の流れについて紹介します。
医薬品の海外通販方法について不安がある方はぜひご覧ください。

タダシップとはどんな薬?

タダシップとは?薬の概要
タダシップは世界シェアナンバー1のED治療薬、シアリスのジェネリック医薬品です。
タダシップ最大の特徴はコスパの良さ。
1度の服用で24時間~最大36時間と長く効果が続きます。

シアリスの価格は1錠、2000円前後。

同じ効果のタダシップは、1錠たったの393円~400円という驚きの価格です。

ジェネリック医薬品とは?
最初に開発された薬を基にして作られた薬。
開発期間が短く、人件費を抑えられるため、新薬と同じ効果で安い価格で提供することが可能。

タダシップの特徴について詳しく知りたい方はこちらをチェック!
タダシップが人気の理由はコスパ!

初めてでも大丈夫?海外通販の利用方法

初めての海外通販は不安
通販と言えばまず思い浮かぶのは、楽天やAmazonといった大手サイトでしょう。
しかしタダシップは、そのようなサイトで販売されていません。

ネット販売が許可されているのは、ドラッグストアなどで買える一般用薬品のみとなっています。
大手サイトの通販で購入できないとなると、どこからED治療薬を買えるのか気になりますよね。
タダシップのような日本で未認可の医薬品は、個人輸入代行サイトから購入するのがおすすめです。

「個人輸入は難しい?」そんなことはありません。

病院からの処方せんをもらう必要がなく、スマホがあれば簡単に医薬品を購入することができます。
輸入の難しい手続きはサイトがすべて代行してくれるので、通常の通販を利用するように、商品を選んで待つだけでOKです。

個人輸入の流れ

個人輸入とは?
海外からの通販の流れはこのようになっています。

個人輸入の流れ
①サイトにアクセス
②欲しい商品、数量を選ぶ
③名前、お届け先などの必要事項を記入
④支払い方法を選択
⑤1週間~2週間前後で商品到着

支払いは、コンビニ決済、クレジットカード払いが選べます。
優良なサイトは、荷物の配送状況なども追跡することができます。

安全な個人輸入代行サイトの選び方について気になる方は、こちらの記事をご覧ください。
知らないと危険。タダシップ個人輸入の落とし穴

海外通販のメリット

医薬品を個人輸入するメリット
医薬品の海外通販はカンタンでお手軽。
使わず嫌いは損のもと!さっそくメリットをチェックしてみましょう。

海外通販のメリット3つ
・周りに知られずにED治療ができる
・病院に行く手間がない
・安くED治療薬が手に入る

メリットその①こっそりED治療ができる

海外通販なら、処方せんがなくても医薬品が購入できます。
「この年齢でEDなんて・・・。恥ずかしくて病院に行けない」という方もこっそりED治療ができます。

荷物のお届けは普通の段ボールで届き、中にED治療薬が入っているということが分からないように梱包されています。

品名の表示は「Supplement」「Beauty goods」と表記されていることが多いです。
そのため家族と同居をしているという方でも安心して利用できます。

メリットその②病院に行く手間なし

ED治療をしたくても仕事が忙しくてなかなか時間が取れない。
診察で待ちたくない。という方にも海外通販はおすすめ。
ネット注文ができるので、スマホで欲しい商品を選んで待つだけです。

メリットその③病院で処方してもらうより安い


海外通販なら日本未認可のジェネリック医薬品が手に入るから、病院で処方される新薬に比べ値段が安い!

また、購入金額によって送料が無料になることもあります。

海外通販のデメリット

医薬品個人輸入のデメリットとは?
病院で処方箋をもらう必要がなく、手軽に医薬品を入手できる海外通販。
しかし薬を服用し何かしらの健康被害が起こっても、すべて自己責任になってしまうため注意が必要です。海外通販を利用する前にデメリットについてチェックしておきましょう。

海外通販のデメリット3つ
・届くのに時間がかかる
・偽造薬の可能性がある
・健康被害が起こった場合は自己責任

デメリットその①届くのに時間がかかる

海外から通販をする場合、注文を受けたのち代行サイトが販売元から商品を購入、発送をしています。
日本国内に医薬品の在庫がないため、通常の通販のように2~3日で届くわけではありません。
お届けの目安は大体1週間~2週間前後です。

デメリットその②偽造薬の可能性がある

海外通販の場合、販売元の会社が誤って違う商品を発送してしまうというトラブルがあります。
また、ネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品という衝撃的な事実があります。

トラブルを避けるためには、運営歴が長く安全なサイトを選ぶことや、使用者の口コミをチェックするのが重要です。

デメリットその③健康被害が起こった場合は自己責任

海外通販で医薬品を購入し、服用した際に起こった健康被害は全て自己責任という形になります。
持病がある、副作用が気になるという方は一度医師の診察を受け、新薬を処方してもらい身体に合うか試してみるのも手です。

服用してみて身体に合うのを確認し、同じ成分のジェネリック品を通販で買う方も多いです。

気になる副作用についてはこちらのページをチェック。
【注意】タダシップにも副作用のリスクはある