タダシップの服用方法。正しく飲んで効果を発揮!

しっかり効果を体感するために正しく服用しようタダシップは長時間の効果持続が期待できるED治療薬です。
その働きを最大限に発揮するためには、正しい服用方法で飲むことが大切!

せっかく薬を飲んだのに効果が発揮できないともったいないですよね。
この記事では、タダシップの正しい服用方法について紹介します。

タダシップの正しい飲み方

タダシップの服用方法
タダシップは効果が長続きするのが特徴のED治療薬。
効果を体感するためにしっかりとした飲み方をチェックしましょう。

効果 勃起不全改善
成分名 タダラフィル
用量 1回1錠
回数 1日1回まで
飲むタイミング 性交の1~4時間前。空腹時がベスト
空ける間隔 24時間
作用時間 24時間~36時間
服用できる飲みもの 水、お茶、清涼飲料水、

アルコール(適量)

タダシップは食事の影響を受けにくい

タダシップは食事を楽しめる
食事デートの後に「もしかして今夜ワンチャンスある?」というシチュエーション。
よくありませんか?

そんなときED治療薬を飲んでも効かなかった!となってしまっては後の祭り。

ED治療薬は空腹時に飲まないと、薬の効果を最大限に発揮できないのです。

でも大丈夫!タダシップは食事の影響を受けにくいED治療薬。

3大ED治療薬のジェネリック医薬品
・タダシップ(シアリス系)
・カマグラゴールド(バイアグラ系)
・バリフ(レビトラ系)

がどのように食事に影響されるのか表にまとめてみました。

薬品名 タダシップ

(シアリス)

カマグラ

ゴールド

(バイアグラ)

バリフ

(レビトラ)

有効成分の性質 水に

溶けにくい

水にやや

溶けにくい

水に

溶けやすい

摂取可能

カロリー

 

800kcl以内 空腹時の

摂取推奨

700kcl以内
 

効果の

発現時間

30分~60分 30分~60分 15分~30分

タダシップの効果を発揮する分かれ道。800kclのメニュー例

食事によって効果の出方が変わる
800kclと言われても、どのようなメニューがセーフなのかわかりにくいですよね。
ここからは和食、洋食、中華のジャンル別でカロリーの目安を紹介します。
タダシップを服用するときは、脂っこい食べ物は控えましょう。

OK食事
・和食 ねぎとろ丼786kcl  生姜焼き定食789kcl
・洋食 チキンカレー690kcl スパゲッティミートソース597kcl
・中華 回鍋肉定食(ホイコーロー)792kcl チャーハン754kcl
NG食事
・和食 かつ丼 893kcl 天丼805kcl
・洋食 かつカレー957kcl カルボナーラ 830kcl
・中華 あんかけかた焼きそば 918kcl 坦々麺800kcl

食べ合わせ、飲み合わせの注意点

飲み合わせ、食べ合わせの注意
食べ合わせ、飲み合わせによって副作用が出やすくなってしまいます。
気を付けて欲しい食べ物、飲みものは以下の2つです。

副作用が出やすくなるもの
・アルコール
・グレープフルーツ

その理由について解説していきます。

・アルコール
アルコールは気分をリラックスさせる効果があります。
特に心因的要因によるEDにお悩みの方には適度な飲酒はおすすめです。
しかしアルコールとタダシップの有効成分タダラフィル、どちらにも血管拡張の作用があるため飲み過ぎると動悸やほてり、頭痛といった体調不良が出やすくなります。

・グレープフルーツ
グレープフルーツと薬を服用してしまうと、薬の成分が強く出てしまうことがあります。

原因は、グレープフルーツの「フラノクマリン酸」という成分が、タダシップの有効成分「タダラフィル」の分解を阻害するため。

血管の拡張作用が必要以上に働いてしまい、体調不良を引き起こしやすくなるのです。

タダシップを正しく服用して効果を発揮!男の自信を取り戻しましょう。