知らないと危険。タダシップ個人輸入の落とし穴

個人輸入の危険性シアリスと同じ効果が得られ、価格もリーズナブルで魅力的なタダシップ。
タダシップは日本では未認可のため、購入には個人輸入代行サイトを利用するのが一般的です。

「でも見知らぬサイトを利用するのはちょっと不安・・・。」
「そもそも個人輸入って合法?」

海外製医薬品を個人輸入することは、厚生労働省でも認められており安全です。

しかし知識のないまま、個人輸入代行サイトを利用するのは危険。
思わぬ詐欺の被害にあってしまうほか、知らない間に違法行為を行なってしまう可能性があります。

トラブルやリスクを回避するために!
この記事では個人輸入のルール、詐欺に合わないために気を付けるべきポイントを紹介します。

医薬品個人輸入のルール

個人輸入はルールを守って利用しよう
そもそも個人輸入とは?
日本国内では取り扱いのない商品を海外から取り寄せることができます。

税関を通すなどの面倒な手続きがあるのでは?という心配はありません。
海外からの個人輸入を代行してくれる会社を利用すれば、とても簡単に医薬品を購入することができます。

個人輸入は、厚生労働省でも認められており合法です。

個人輸入には3つのルールがあります。

個人輸入のルール
・個人で使うものとして輸入
・販売、譲渡を行なわない
・輸入量を守る(用法、用量からみて1ヶ月以内)

医薬品輸入代行サイトではED治療薬だけではなく、女性用の経口避妊薬などさまざまな商品を取り扱っています。
例えば、男性が女性用の医薬品を「プレゼント用に購入しよう!」というのは、個人輸入のルールを違反、譲渡にあたります。

友人から「後でお金払うからまとめて買ってくれない?」という依頼もNG。

個人輸入で仕入れた医薬品を直接、または通販サイトなどで転売するのも厳禁です。

医薬品を個人輸入できるのは用法、用量からみて1ヶ月分以内と定められており、個人で使う目的として許可されていますのでルールを守って利用しましょう。

詐欺に合わないために知っておきたい注意点

個人輸入の詐欺やトラブルのリスクを回避
個人輸入で不安なことと言ったら「詐欺」が思い浮かびますよね。

・入金をしたのに商品が届かない
・注文したものと違う商品が届く
・ぼったくり

詐欺被害にあわないためには、良心的なサイトを選ぶことです。
安全なサイトの見極め方が分からない方も大丈夫。
代行サイトを選ぶうえでの注意点をまとめました。

安全なサイト?チェックリスト
・特定商取引法の遵守
・運営歴をチェック(口コミ
・価格が適正か?
・クレジットカードが利用できるか?
・電話対応を行なっているか
・セキュリティがしっかりしているか
・第三者機関による商品鑑定書の掲載


①特定商取引法の遵守

特定商取引法とは、事業者による違法、悪質な勧誘行為を防止し、消費者の利益を守るための法律です。
通販などは消費者トラブルが起こりやすいため、事業者が守るべきルールと、クーリングオフなどの消費者を守るルールを定めています。

特定商取引法を開示しているサイトは安全といえるでしょう。
「特定商取引」「特商法」というページがサイト内に設置されているか、確認してみましょう。

②運営歴をチェック
通販サイトとしてどのくらい商売が続けられているか、運営歴の長さは安定の証です。
サイト内の口コミも要チェック。
サイトによってはサクラと思われる口コミもあるので要注意。

③価格が適正か?
購入しようとしている医薬品が他のサイトに比べ、大幅に高すぎたり安すぎたりするのは危険信号。
安すぎる場合、届いたら偽物の薬だった。
相場を知らないまま、とりあえず購入したら実はぼったくりにあっていた。
トラブルに巻き込まれる前に、購入時には別のサイトと値段を比較してみましょう。

④クレジットカードが利用できるか?
クレジット決済を導入するためには、カード会社から通販業者に対し審査が行われます。
カード払いに対応しているサイトはその審査にクリアしており、信頼度が高く安心です。

⑤電話対応を行なっているか
万が一トラブルがあったとき、メール対応のみのサイトはレスポンスが遅く不安。
届いたものが偽造薬だった場合、取り合ってくれないという可能性もあります。
利用前に電話対応サポートがあるか確認してみましょう。

⑥セキュリティがしっかりしているか
ホームページのURLでhttpから始まるものとhttpsから始まるものがあるのはご存知でしょうか?
httpsと「s」がついているサイトは通信内容が暗号化されており、個人情報が漏れないようなセキュリティとなっています。
逆にhttp からはじまり「s」が付いていないサイトは安全性が不十分。
詐欺に合う可能性が高くなるため注意しましょう。

⑦第三者機関による商品鑑定書の掲載
購入した医薬品が本物か、偽物か判別をするのはとても難しいです。
第三者機関による鑑定書は、医薬品が正規品であるという証明となり、より安全といえます。

海外通販を利用する前には以上の7点をチェックしましょう。